投稿画像

続きを読む

Welcome🌄 ä¹³ãŒã‚“、糖質、インスリンの関係について、研究結果はまちまちであるものの、インスリン上昇と腫瘍増殖の観点から、砂糖と炭水化物の摂取を減らす方が良いと、述べる専門家たちがいる。2020年、WebMedの記事の中で、がん研究・治療センターであるシティ・オブ・ホープ人口科学科長、ビクトリア・シーワルト医学博士は、・乳がんは、インスリンを含む多くの要因が関与する複雑な病気である。・インスリンは、乳が...

投稿画像

続きを読む

Welcome🌄 ã„つも、いろいろ勉強させて頂いている佐藤のりひろ先生のYoutube。新しく、がん相談サロンを開設されると知った。個別のがん相談他、メンバーのオンラインミーティング、患者同士の交流サロンとしても機能するとのこと。海外在住者も、日本語で相談できるなど、月2000円は、良心的な値段だなと感じる。(4月は無料お試し中。最初ののオンラインミーティングは4月15日夜とのこと。) ★読んだよ~★🌈2つのク...

投稿画像

続きを読む

Welcome🌷  📌目次1.乳がんは職業病、フランス労働裁判所の判決2.国際がん研究機関(IARC)が定める 発がん性リスクへ3.乳がんと発がん性物質4.夜勤勤務者への補償 1.乳がんは職業病、フランス労働裁判所の判決「乳がんは職業病」/先例となるフランスの判決 2023.03.28 "Cancro al seno è malattia professionale"/ La sentenza francese crea un precedente  Cancro al seno: in Francia riconos...

投稿画像

続きを読む

Welcome🌄 ã“れまで、イタリアで研究が行われてきた、低用量タモキシフェンの、再発予防効果👇低用量タモキシフェンが非浸潤性乳管がん/小葉がんの再発と発症を減少させる先日、イタリアにおけるその後の研究結果が掲載されていた。乳がん、低用量タモキシフェンの予防効果を確認する研究結果15 march 2023 ジェノバにあるガリエラ病院の医学部および医療腫瘍学複合ユニットのディレクターであるAndrea De Censi教授によって、...

投稿画像

続きを読む

Grazie🌸  ã‚¤ãƒ³ã‚¹ãƒªãƒ³ã¯ã€ãã®é¡•è‘—な代謝作用に加えて、正常細胞および悪性細胞の両方において増殖を促進する、よく知られた分裂促進作用を有する。(Volume 31, Issue 8, August 2020, Pages 551-560 Opinion Rethinking the Relationship between Insulin and Cancer インスリンとがんの関係の再考察 より)糖質制限、健康的なケトン食を実践する中で、勉強し始めた、インスリンと乳がんの関係。がん細胞を兵...

投稿画像

続きを読む

Welcome🌄 ãƒ¬ãƒ—ブリカ紙に、この記事タイトルを目にするも、有料購読者向け記事だったため、英語で検索してみたところ、ヒットしたのが下記の記事。今後は、画像診断など、AIを導入することで、診断精度が大きく上がる(誤診が減る)と言われている時代。英国より、指紋で検査だなんて、夢みたいな話。資金提供者が見つかり、実用化へと進むことを願う。シェフィールドの科学者が開発 画期的な乳がん発見指紋検査 2023.2...

投稿画像

続きを読む

Welcome🌄 ç±³å›½Yahooニュースより、Jenn Morsonさんのお話を、以下和訳紹介する。6人の子どもたちに、乳がんであることをどう伝えたか、またこう話せばよかったと思った事Here's how I told my 6 kids I had breast cancer — and what I wish I'd done differently一番下の子の授乳中にしこりを見つけた時、私たち夫婦は子どもたちに、お医者さんは、ただ胸の摘出手術をしたいだけなの、と率直に伝えました。がんの可能性は10...

投稿画像

続きを読む

Welcome🌄 ä¹³ãŒã‚“患者全員ではないけれど、乳房温存術とホルモン療法を受けた、65歳以上の早期乳がん女性(ホルモン受容体陽性〔エストロゲン受容体(ER)あるいは/およびプロゲステロン受容体陽性〕、腋窩リンパ節陰性、腫瘍径3cm以下、95%以上が、腫瘍グレードは1と2)に対する、術後乳房照射の意義を検討した比較試験の結果。術後乳房照射なしでも生存率変わらず 2023/02/24英・University of EdinburghのIan H. Kunkl...