投稿画像

続きを読む

Welcome🌄 広告を見ないためお金を払う世界小学生の時読んだ、星新一著のショートショート。あれから云十年星さんが描かれたSF世界は、今現実となっているものが多く、改めて、彼の千里眼的洞察力に驚かされる。自然らしさ、人間らしさ、自分らしさから離れた社会の姿を皮肉った作品も多いと感じる星新一ワールド。1.広告で回る世界2.知らぬが仏より。。。 1.広告で回る世界窓に広がる世界は、相変わらず、新緑のグラデーシ...

投稿画像

続きを読む

🌈Welcome🌈ヒマラヤ、南極でも見つかり、北極においては、汚染都市沖に匹敵する密度という報告がある、不可逆なレベルで拡大し続ける、マイクロプラスチック汚染。浜辺もゴミに悩まされているけれど、海の中はもっと深刻であり、FAOとUNEPの2009年の報告書では、世界中で、毎年64万~80万トンの漁の道具(漁網、ロープ、浮き、仕掛けなど)が放棄されたり紛失しているとのこと。情報源:Reti e attrezzi da pesca abbandona...

投稿画像

続きを読む

Welcome🌄 ãƒ•ãƒ©ãƒ³ã‚±ãƒ³ã‚·ãƒ¥ã‚¿ã‚¤ãƒ³ã®è‚‰å®Ÿé¨“室で培養されることから、そう呼ばれることもある培養肉。先週の昆虫食規制法案に続き、29日、イタリアで承認された培養肉反対法案。イタリア、培養肉へNO その正体とは? L’Italia dice no alla carne sintetica. Ma cos’è? Stop alla carne sintetica. Il Consiglio dei ministri ha approvato un disegno di legge che vieta la produzione e l’immissione sul m...

投稿画像

続きを読む

Welcome🌄 å…ˆæœˆã®ãƒ•ã‚©ãƒ¼ãƒ–ス誌ニュース、新型コロナmRNAワクチン投与者を犯罪に問う、アイダホ州の新法案(2022.02.18)New Idaho Bill Would Criminalize Anyone Administering Covid-19 mRNA Vaccines提案された法案内容は、mRNA技術を使い開発されたワクチンを、この州の人間、その他の哺乳類へ使用するために提供、投与することはできない、Covid-19 mRNAワクチンの投与者は、犯罪に問われるというもの。先日...

投稿画像

続きを読む

Welcome🌄 æ˜¨å¹´ã¨ã‚Šã‚げた 人間が太陽光をコントロールする未来そして2023年2月18日のニュース。究極の温暖化対策、「太陽地球工学」活用をジョージ・ソロスが提案 | Forbes JAPAN 公式サイト(フォーブス ジャパン)著名投資家のジョージ・ソロスは16日、北極の氷の融解を防ぐための策として、まだ実験段 ä¸Šè¨˜ã‚ˆã‚Šâ€ã‚½ãƒ­ã‚¹ã¯ã€ã“の技術が人類を危機から救うと主張するが、一部の科学者はこのテクノロジーが害をも...

投稿画像

続きを読む

Welcome🌄 ï¼’021年、日本において、質量が増えるようゲノム編集されたマダイとトラフグの2種類の魚の販売が承認された。遺伝子組み換え作物認可に関して、世界で最も厳しい規制を設けていると言われる欧州(EU県内で、許可されている遺伝子組み換え作物は、ポルトガルとスペインで栽培されている、耐虫性トウモロコシ一種である)。2018年、欧州司法裁は、ゲノム編集作物に対しても、GMO(遺伝子組み換え作物)規制を...

投稿画像

続きを読む

Grazie☃  EUにて、1月24日から、Acheta domesticus(ヨーロッパイエコオロギ)の部分脱脂粉を食品として販売、1月26日にはAlphitobius diaperinu(ミールワーム)の冷凍、ペースト、乾燥、粉末と言う形で販売を許可する規定が承認された。日本では、蜂の子やイナゴを食べる地域があったり、タイでも虫のお惣菜が並ぶ屋台が日常風景にあったので、個人的には、残留農薬、重金属、マイコトキシン、ダイオキシン化合物とい...

投稿画像

続きを読む

Welcome🌄 å…ˆé€±ã®ç±³å›½ã‚¬ã‚¹ã‚³ãƒ³ãƒ­ç¦æ­¢ã®ãƒ‹ãƒ¥ãƒ¼ã‚¹ã€ã§ã¯ã‚¤ã‚¿ãƒªã‚¢ãŠã‚ˆã³æ¬§å·žã§ã¯ã€ã©ã‚“な動きがあるのだろうか?イタリアで、そのジャンルの中では恐らく一番古い歴史を持つ、1977年から精神のエコロジーと幸せな脱成長を取り上げている月刊誌 Terra Nuovaのサイトより、先週読んだ記事を紹介する。ISDE:「換気なしのガスコンロ使用、より深刻な家庭内汚染を引き起こす」 2023å¹´1月11日非営利エネルギー効率化団体CLASPと欧...