fc2ブログ
🎀変えた運動・生活習慣

困難の中に、ユーモアを見出したもん勝ち

という私のモットー

自分が主役・脇役であり、監督であり、演出家である自分の人生。
カテゴリーはやっぱりコメディーがいい。
 
気がつけば、20年以上この人と暮らしているのは、
ナポリ的、関西的笑いという花があるからなんやと思う。

中期波乱万丈、病気の事で、ここ数ヶ月、相方から笑いが消えてしまったけれど、
私が、俄然と元気になり、最近相方に笑いが戻りつつある。
今朝初めて、自分の胸いじりネタにも、笑ってくれた。

第二の患者と言われる、患者に寄り添う家族。
ストレスから、どっちが患者か分からんようになることも。

だから、相方も、体と心の弱い部分を支えるため、一ヶ月ほど前からホメオパシーを試している。

そして、笑いという治療薬。

笑うことで、特殊なエンドルフィンの分泌が増加し、その結果血液中の酸素が増加する。
これは、動脈の緩和、心臓の速力増加、血圧減少をもたらす。これら全ては、心臓血管と呼吸の(軽い)病気に肯定的な結果をもたらす。
笑いは、全体的に免疫系統の反応を高める。(マンタクチア Tao Yin 導引 より)

起床前、就寝前、合間合間の休息時、自分の体に微笑む。微笑むことで動き出す気の巡りを観察する。
疲れている、痛みを感じる体の部位があれば、そこへ微笑みかけ、その部分で呼吸する。
ヨガの亡骸のポーズで体を休める時、微笑むということを取り入れる事で、リラックス効を深め、エネルギーをより効率よく調和する。


何もかも全く正反対の二人、
歩幅が違って当たり前の二人三脚。
若い時とも違うから、無理の無いペースに合わせなあかんな。
自分が健康であることは、家族への最高の贈り物やから。


2月21日に抜けた水星の逆境、
少しづつ、二人の軌道に戻りつつある気がする。


wellness.jpg

illness(病気)
i(私)を we(私たち)に置き換えたら
illness(病気) だって、wellness(健康)になる。


リアルに生きる喜び、リアルな生きる歓び
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
応援のポチリ、頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する