fc2ブログ
👀Covid・紛争

イタリアにも上陸オミクロン株って?? 南ア在住イタリア人元医師が伝える現状

Grazie🙏
ブログランキング・にほんブログ村へ
カンパニア州にも発現した、オミクロン変異株。

感染されたのは、国際的企業の勤務者、モザンピークから帰国した、ワクチン接種二回完了者。

接種してもしていなくとも、国や大陸を超えて移動する限り、
新たな変異株のキャリアーになる可能性は拭えない。

現在、ご自身の健康状態は良好とのことなので、このまま回復に向かわれることを願う。


オミクロン変異株が懸念されるのは、その変異の程度がかなり高いこと。
(スパイク蛋白質中の変異だけで30以上、うち20個はRBD領域:ウイルスがヒトの細胞にとりつくために必要な領域ーに集中)

新たな変異株が出現すると、まだ情報が少ない中、
恐怖や不安だけを煽るように報道される。


20年間医師であり、現在ケープタウンに移住したヴェローナの医師、Corrado・Passi氏の現地の声を読む。

南アフリカの変種?一体何について話しているのか? 現地在住イタリア人、おびえなどなく、皆、普通に暮らしている。 2021年11月27日
20年間医師を務め、現在ケープタウンに移住し作家となったヴェローナ出身のCorrado・Passi氏は、困惑を隠すことができない。
「私たちは皆、南アフリカと近隣国からのフライトを禁止するというイタリアの決定にショックを受けています。
なぜ世界が、オミクロン変異体に対して、ヒステリックに反応するのか、理解できません。

そして彼は次のように主張する。

「個人的に、私は特定の政治的選択が、行き過ぎであり、場違いだと考えています。繰り返しますが、現時点ではパンデミックの状況は抑制されており、曲線はイタリアの状況よりも優れています。

数週間前にヴィローナにいたPassi氏。

«私がそこで見た状況は、ケープタウンよりも悪い、ウイルスの広がりを反映しています。
現在までに、過去24時間で、全国で2,828の新規陽性者と12人の死者が出ました。
現在陽性の南アフリカ人は、約6000万人のうち1万9千人です。
確かにオミクロン株が存在します」と、元医師は繰り返し断言する。

「昨日、南アフリカ全土で、7人がこの変異株に感染しました。私は過剰な恐怖政治が正しいとは思いません。
少なくとも現時点では、それは正しいことではないと私は思いますが、今後どうなるか、見てゆきたいと思います。」

Passi氏は 苛立っている。

「言うなら、感情を害している。」と述べ、
「ワクチン接種の割合はヨーロッパよりも低いですが、それを補うために、感染経路を監視し、制御を可能にするスクリーニングとテストが行われています。

誤解を招くニュースの向こうに、南アフリカには一流の医療の伝統があり、新型コロナは他の場所に比べ、大きな発生(流行)はありません。
:AIDSで起こったように、今オミクロン株で、私たちが、新しい緊急事態を増幅させる重大な反響というメッセージが、広がるでしょうが、本当はそうではありません。」

そして彼は口にする。
「イギリス変異株、ブラジル変異株、インド変異株では、同様のことが起こらなかったにもかかわらず、一つの国を排斥するなどありえますか?

世界を脅威させるのに、7つのオミクロン変異株感染ケースで十分なのでしょうか?


読んだよ、
✨クリック3つに励まされています✨
#イタリアでもオミクロン変異株 #イタリア人元医師が伝えるオミクロン変異株の現状

関連記事
スポンサーサイト



( 最終更新日: 2021/11/28 Sun )
  • コメント: 0

シェアする

コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する