fc2ブログ
👀Covid・紛争

プーチン大統領、オミクロン株はパンデミックの終わりに近づく「天然ワクチン」である可能性

Grazie🙏
ブログランキング・にほんブログ村へ 

次期ドイツ保健相の有力候補であり、公衆保健の専門家であるカール・ラウターバッハ教授によって、先日発表された見解。

そして、昨夜、イタリア日刊紙 Il Messaggeroが伝えたニュース。

オミクロン変異株、プーチン大統領は楽観的:「パンデミックの終わりに近づく'天然ワクチン'である可能性」

昨日、プーチン大統領は、ロシアのニュースステーションRBCで、パンデミックに関するインタビューにおいてそう発言した。
その一方で、「無計画な結論に達するのは公平ではない」と結論付けた。
(以下一部和訳)
全ての専門家が、大きな注意と懸念で受けとめている中、プーチン大統領は、新しいオミクロン変異株の広がりは、予想されるより害が少ない可能性があり、それを一種の「生ワクチン」または天然ワクチンに例えた。

「これまでに収集されたデータによると、この変異株は想像したほど有害ではないようです。一部の専門家にとっては、パンデミックの終わりに近づく、自然ワクチンである可能性があります。」とプーチン大統領は説明した。

ロシア大統領は、昨日のソチでの会議で政府メンバーにも、オミクロンに関する懸念が時期尚早であるという彼の見解を繰り返した。

前例
オミクロン株の広がりに関して、ロシアで「天然ワクチン」という用語が使用されたのはこれが初めてではない。
国立科学アカデミーのメンバーであり、エンゲルハルトの重要な研究所責任者であるピョートル・チュマコフ氏は、すでに問題を提起し、学術界を騒然とさせた。

これは、ガマレヤ研究センターのアナトリー・アルトスタイン教授の意見でもあり、「ほとんどの場合、深刻な症状を回避する「より穏やかな」新型コロナ変異株株であるという証拠が現れ続ければ、それは本当に自然のワクチンとして役立つ可能性があります。」

より感染性の高い変異体であるが、陽性の感染者では、それほど深刻な結果にはならない。これは、プーチン大統領と2人の専門家によるオミクロン変異株に関する基本的な主張だ。

ワクチンとしてのオミクロン
しかし、ロシアの科学界の大部分は現在、オミクロン変異体を故意に市民に感染サセワクチンとして使用する可能性は低いと考える。この問題に関する研究はまだ非常に未成熟であり、現時点では、オミクロン変異体によって引き起こされる症状の詳細は世界の科学界に知られていない。

関連ニュース

パンデミック以外にも、世界の至るところで非常に気になる動きが同時に多く進行している今、
これまで以上に幅広い視野で、物事を適切に分別する力で、
皆様それぞれ、懸命な道を選択されますよう、
心から願っております。

✨読んだよ

クリック2つに励まされています✨

#プーチン大統領 #オミクロン変異株は天然のワクチン? #パンデミック収束に近づくオミクロン #2022年世界情勢
関連記事
スポンサーサイト



( 最終更新日: 2021/12/09 Thu )
  • コメント: 0

シェアする

コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する