🎀 あきらめない乳がん情報

乳がん治療とウクライナ紛争の関係、腋窩リンパ節郭清省略に関する🇮🇹論文

Grazie🙌
ブログランキング・にほんブログ村へ 


乳がん医療がピンチ!?ウクライナ情勢が検査や手術に影を落とす実情
ウクライナ情勢を受けて、乳がん患者の手術と検査に使う「ラジオアイソトープ」という医薬品の供給が、不安定になっている。
 

ラジオアイソトープの原料「モリブデン」。
日本は100%、カナダ、オランダ、ベルギー、フランス、南アフリカからの輸入に頼っている。

ウクライナ情勢による、欧州からの航空便欠航が、影響していると言う。

「旅客機はロシア領空を回避して別ルートに変更できるが、モリブデンを運ぶ飛行機のルートは変更が容易ではない。 製薬メーカーは、通常とは違う調達に切り替える努力をしているが、何しろ急に起きた事態なので対応が間に合っていない」


それでなくても、手術をひかえ、大きな不安を抱える患者。
 
今すぐの手術を優先するなら、高感度の検査は諦めて、今できる検査で代替する選択肢はある。そうでなければ、手術日程を延期するほかない。医師も患者も新たに考えなければならないことが増えた。骨の疾患を持つ患者に関しても同様だ。
 
 
腋窩リンパ節郭清の省略と再発、生存予後について、イタリアから次のような報告がある。

1-2個のセンチネルリンパ節転移を有する(SLN陽性)T1-2乳癌患者では、腋窩リンパ節郭清(ALND)を省略しても、再発および生存予後はALNDを行った場合に劣らないことが、イタリアの52施設で実施された前向きランダム化試験SINODAR-ONEにより確認された。



速やかに、調達ルートの変更が行われ、
安心して治療に向き合える環境がいち早く整えられますように。。。。


関連ニュース  2021.11.14


✨見たよ、
⭐クリック3つ⭐に励まされています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ  


Fragrance of TAO 地中海から綴る、タオ”永遠なるバランス”探し - にほんブログ村
Related Entries

Comments

Post a comment








Only the blog author may view the comment.