fc2ブログ
🎶 趣味のギター・ジャンベ・音楽

愚か者通り 0番地 Via dei matti numero 0

Grazie🌼
ブログランキング・にほんブログ村へ 

小学生の頃、登校時に流れていたトレロカモミロの原曲が、
イタリアの童謡である事を知ったのは、こちらに暮らしてからである。

黒猫のタンゴ
44匹の猫
も同様に、イタリアの童謡。


今回は、陽性者が出たことで急遽延期となった週末のパーマカルチャーワークショップ。

この集まりは、子どもの教育学にも力を入れており、
私も出来ることとして、
イタリア童謡を子どもたちと一緒に歌えるよう、
ギターの練習している。

私のお気に入りの曲、
ボサノヴァの巨匠、
ヴィニシウス ヂ モライスが作曲、
イタリア人のセルジョ·バルドッティ(イタリア語で作詞)、
セルジョ·エンドリーゴ(歌)とコラボし、生まれたLa casa。



60年代のイタリア、ボサノヴァブー厶、
当時のイタリア音楽に大きな影響を与えた。

モライスとエンドリーゴのコラボは他にもあり、
モライスが孫のために書いた曲が基盤にあるとのこと。


La casa の歌詞の和訳(by maya)

とてもかわいい家
天井も、キッチンもない

中に入れないんだよ
床もなかったから

ベットに行けなかったんだ
屋根がなかったから
しーしーに行けなかったんだ
トイレがなかったから

でも、とっても素敵なお家
愚か者通り 0番地

でも、とっても素敵なお家
愚か者通り 0番地

2022032904173126a.jpg
ウェイト版 タロット大アルカナ 0 愚者(Il Matto)
ちなみに現存する最古のタロットカードは
イタリアのヴィスコンティ家タロット


イタリアの童謡には、
ちょっとした人生哲学が含まれた曲もあり、
なかなか味のある歌詞がある。



"遠い日に聞いた音楽って忘れへんなぁ。。。"

そう呟く相方。

年代、育った国の違いを超えて
繋がる
幼い頃の二人の記憶。

No life, no music

音楽は、ほんま心の言語やね🎶




関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する