fc2ブログ
☯️ 人間らしさ

同じガンなら踊らにゃ損損

Grazie🌟
ブログランキング・にほんブログ村へ 

開始予定時間を大幅に過ぎ、
ようやく人が集まりだした頃、
広場でフェスタが始まる。

コロナ明け、初めてのフェスタ、
ソーシャルディスタンスも
マスクも
フリー。

まず、主催者である友人が、ステージに立ち、
スピーチ、

続いて、別のミュージシャンの友人が、
思わず踊りたくなる歌、自分の曲を歌い奏で、
場を徐々に盛り上げる。

そして、今夜のメインバンド、
皆に愛される、ピッツィカという踊りの音楽。

イタリア南部、プーリアとバジリカータ州の伝統的音楽だけれど、
カンパニア州でも、多くの人に愛されている。

すでにカスタネットを手に持つ70歳近いと思えるカップル、
老若男女、皆が踊り始める。

独特のリズムは、
一度踊りだすと止まらないビート、

まだ夜は肌寒くて羽織ったセーター、
一曲踊れば、もう要らない。

今夜のバンドは、
伝統的な音楽をエレクトロニックや、カントリーにアレンジしたり、
まだ、バイオリンが新しいレベルへと、グレードアップさせる。


毒ぐもに刺された女性が、毒を抜くために踊り続けた
という言われがある、ピッツィカという踊り。


パンデミックが少なからずもたらした、孤独や分離という毒、
体の中に生まれた、がんという毒

私にとって、最大のお薬である踊り。
2時間、歌う人、奏でる人、踊る人が織り出す情熱という一体感の中、
全細胞がわっしょいわっしょいすれば、
色んな毒も、自ずと消えてゆく。

ばらばらだったものが、
再びつながってゆく。


道のりは長いけれど、
これまでとは違う形で
これまでにはない形で
つながってゆく。

見たよ~🍀
3つのクリックが励みです。

今日も3つ良いことがありますよう。。
。。

にほんブログ村 にほんブログ村へ 






関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する