fc2ブログ
🌱環境問題

EU 天然ガス・原子力、持続可能な経済活動と制定

Grazie🌺
ブログランキング・にほんブログ村へ 

持続可能な経済活動を分類するEUタクソノミー規則。
そこに天然ガスと原子力を含むかで、欧州でも意見が分かれていたが、
7月11日含まれることが確定し、2023年1月1日から適用されることになった。
いまだに決まっていない、イタリアの核ゴミ処理施設の場所。
常温核融合(Cold fusion)でも実現しない限り、原子力を持続可能やグリーンエネルギーと呼ぶことは出来ないと思う。

EUタクソノミー規則に、天然ガスと原子力を含むのは大失敗:裁判所の介入へ
レプブリカ紙(イタリア最大発行部数の日刊紙)のエスプレッソ週刊誌 2022年7月11日

 
国や欧州の投資対象となる資金の指標に原子・ガスが含まれたことで、
欧州は持続的な好転から遠ざかりつつある。
すべては、欧州議会における自由主義者、民衆主義者、極右主義者の同盟のためであると、Eleonora Evi(「緑のヨーロッパ」共同代表)が非難

タクソノミー(グリーン投資とみなされ、国やヨーロッパの資金が割り当てられる投資のリスト)に反対する議会の派閥は、その承認を阻止することができなかった。
欧州議会議員総数705人のうち353人の賛成が必要であった。しかし、出席者639人のうち、278人が委員会の提案した委任法に賛成し、328人が反対した。
これは、最後のチャンスだった。

欧州理事会からのゴーサインは必然的なものである。
来年の冬に起こりうるエネルギー不足に怯え、中道右派の政党はあきらめ、これまで通りやり過ごすことを望み、現在非常に不十分である再生可能エネルギーの開発から貴重な資源を奪ってしまったのである。


ヨーロッパ緑の党・ヨーロッパベルデの共同スポークスパーソンであるEleonora Eviは、ヨーロッパ緑の党・ヨーロッパベルデグループに参加するため、5Stelle党から選出された欧州議会議員であり、「本当にひどいことだ」と訴える。

投票結果の一歩手前、どのような経緯があったのか
「ウクライナのエネルギー大臣が、『ウクライナの原発は、原子力エネルギーを売ることに興味があるため、賛成投票するように』と介入してきたのが、最後の一撃となりました。
Renewやポピュラリズムな人の多くにとって、彼の意見は重要だったのです。」

しかし、核とガスは別物で、特に今はロシアとの戦争があるが......
「しかし、原子力とガスを分けて考えることはできません。どちらも拒否する戦略でした。」

今後は?オーストリア、ルクセンブルグ、デンマークは、裁判所を通じて手続きを進めると発表
「"裁判所 "と "欧州司法裁判所 "を通して、あまり時間をかけずに進めてほしいものです。
ガスは化石で気候を変えるものであり、クリーンな経済への移行の一部とはなりえないので、違法行為とされる余地は大いにあります。
原子力発電も同じです。どうして”環境を害さない”と言えるのでしょう?
その廃棄物は、環境に大きな影響を与えながら保管されなければなりません。」。

原子力発電がなければ経済が回らないという人も多いが...
「ですが、誰も原子力発電を禁止しようとはしませんでした。
将来の投資をこの種のエネルギー源に向かわせない、クリーンなエネルギー源から資金を奪うという話だったのです。
このような狂気じみた高コストビジネスを選択する勇気を持ち、
そのために公的資金や民間資金を使う人がいるのかどうか、本当に見てみたいです。
発電所の建設に15年かかるという経済的・財政的な問題から、将来性はないと思っています。
これで、投資家は何に投資しているのか、確信が持てなくなるでしょう。
イタリアで原子力に投資する人はいないのではと思います。
この決定は、フランスとドイツにとって大きく有利となります。
私たちイタリアは、イタリアが利益を得られないものを承認してしまったのです。
その代わり、ドイツの投資は100%含まれることになります。
私たちは完全にオウンゴールをしたのです。」


賛成派は、ロシアのガスから逃れるために新しいガスのインフラが必要だと主張するが...
「その代わりに、私たちはプーチンや、ルコイル、ロスアトム、ガスプロムに至るまで、彼のロビー全体に贈り物をしたのです。グリーンピースの報告書によれば、彼らは年間40億ユーロを稼ぎ出し、そのすべてがロシアに渡ります。」

この投票は、ストラスブールにおける議会の変化の結果だろうか?
"ウルズラ(フォンデア ライエン欧州委員会委員長) "連合に重大な断絶が生じ、将来にとって良い兆候ではありません。
欧州議会は保守化し、右翼が団結してグリーン・ディールを阻止しています。
フィット・フォー・55は一部しか承認されませんでしたが、今度はこのタクソノミーとなりました。水平線に雲が見えるようです。」

イタリアに話を戻し、イタリア・ヴェルデとイタリア左派の新しい連合とは?
「共和国大統領選以来、最低賃金から武器禁止まで多くの問題に向き合うこととなり、そしてフランスのNupesの経験を興味深く見守りました。
私たちは環境正義の側面から、彼らは社会正義の側面から、物事が本当はそうでないにもかかわらず、それらの側面だけ考慮されるだけです。
ですが、私たちは共に、市民リストにも開かれた包括的な政治的提案を提示することができるのです。」

では、コンテ氏の5Stelle党に似たオファー?
「CAPとTAVの立場を見ればわかるように、最初はノー、次にイエスです。
移行を遅らせるために何でもするエコロジー移行大臣チンゴラーニが、連立政権の5Stelle党の枠に入っていることは言うまでもありません。
彼らは私たちのアイデンティティを奪おうとするアイデンティティのない政党です。
また、内部民主主義にも大きな問題を抱えています。
法令を見ればわかるように、最初は超水平的だったのが、最終的には全政党の中で最も民主的でない法令の一つになっています。
メローニ(現在、保守派政党の代表)でさえ、もっと良い策をもっています。コンテ氏は一種の内部独裁者と言えるでしょう。」


関連記事
3つのクリックが励みです。
今日も3つ良いことがありますよう。。
。。

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

 

Fragrance of TAO 地中海から綴る、タオ”永遠なるバランス”探し - にほんブログ村 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する