fc2ブログ
🥕エコ・オフグリッドの工夫

オー・ソーレ・ミオ 湯たんぽ

”家を温めるのではなく、人間を温める時がきた。”

光熱費が高騰し始めた昨年、
イギリス在住アーティスト、ミセススコットさんのブログで読んだ、
イギリス人コメディアンの言葉。

このブログで繰り広げられる、
美味しい煮物のように、ロンドンがじわーっと染み込んだ、
素晴らしい、ミセススコットさんの色の世界にいつも魅了されている。


家を温めるで思い出すのが、
日本で、古い家屋にあった障子を初めて見た相方の言葉。

”紙のドアで、よく寒さに耐えられたなぁ。。。”


今のように、家が密閉されていなかった昔は、
日本に限らず、
家を温めるより、人間の体を温めるというのが、
多分、普通の発想だっただろう。


体を温めるため、この時期、我が家で欠かせないのが、
イタリア老舗メーカーArdesが販売する、
Sole Mio(私の太陽)という、湯たんぽ。
ARDES-AR071-SOLE-MIO-SCALDINO-CON-SPIA-LUMINOSA-01.jpg
丸い金属製のため、足やお腹などに最適。

この湯たんぽ、
たった3分、コンセントにつなぐだけで、
3時間熱が持続し、最小限のエネルギー量で、最大限体を温めることができる。
電力消費量は、わずか550W。一台、お値段20€前後。

老子も羨ましがりそうな、タオな暖房器具である。


ちなみに、最初の一時間は、火傷に気をつけなければいけないほど、熱い。

実際、一度、衣類の上からではあったものの、ふくらはぎに当て、寝落ちし、
翌朝、低温火傷するという、どんくさい事をしてしまった。

電気ガス代、
昨年から上がったり下がったりを繰り返しているけれど、

今冬はいったいどうなるのかしら。。。

🌟読んだよ~🌟

🌈クリックして頂けると嬉しいです。🌈
ブログランキング・にほんブログ村へ  
Fragrance of TAO 地中海から綴る、タオ”永遠なるバランス”探し - にほんブログ村 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する