fc2ブログ
🔔 死生観

不安 と 期待 と 幸運と

Welcome🌄ブログランキング・にほんブログ村へ 

1月6日、58歳で旅立った、イタリアのレジェンドサッカー選手 ジャンルカ・ヴィアッリ氏。

サッカーに疎い私も、
スタジアムではもちろん、場外でも、多くの人にインスピレーションを与え続けた
彼に捧げる記事をいくつか読んだ。

:真の並外れた偉業は、普通であること

自らのがんを、望まれない旅の同伴者と表現したヴァアッリ氏。
その同伴者(すい臓がん)と、2017年から、6年近く同居していること、
これほど長い同居は、小説の材料でもなく、ヒロインVS敵のドラマチックな闘いでもなく、
日常であること。

「病気は苦しみだけではなく、美しい瞬間もあります。
病気は、自分がどのような人間なのかを教えてくれますし、
表面的な生き方よりも、さらに自分を追い込むことができます。
また、チャンスだとも思っています。
がんに対して感謝とまでは言いませんが、闘病生活とは思っていません。

死という概念は、生を理解し、感謝するためにあるのだと実感しています。
やりたいことをすべてやり遂げられないという不安、すべてのプロジェクトに多大な期待を抱いているいう事実は、とても幸運なことだと思います。
その時は胸を張らずに、逆に前よりずっともろくなった気がするのです。

幸せは、人生をどのように見るかによって決まります。
気取る必要はなく、もっと人の話を聞き、多くを話さず、
日々向上し、人を助けなければなりません。」


ここまで書いて、手が止まったのは、

やりたいことをすべてやり遂げられないという不安、すべてのプロジェクトに多大な期待を抱いているいう事実は、とても幸運なことだと思います。

この部分の理解に、時間を要したから。

不安と期待
それらは、同じメダルの二つの側面で、
彼が言うように、見方次第、
一週間以上を経て、そんな自分なりの解釈に辿り着く。  

graffiti-g02d0898e6_640.jpg
Don't downgrade your dream just to fit your reality.
Upgrade your conviction to match your destiny.

自らの現実にただ合わせるために、自分の夢をダウングレードしないこと。
自らの運命に合うように、自分の確信をアップグレードするのだ。

文筆家でもあった、ヴィアッリ氏の言葉。


日々、向き合うがん。
それは、自分の時間、時間の質との向き合い。

流れ消えゆくのは、
時間ではなく
自分である。


”今”を、過去と未来に投影すれば、
不安や期待へと、形を変える。

唯一確実に知ることが出来ると言う意味で、ゆるがない存在である ”今”

今 にしっかり足をつけて立つこと。

その感覚を、毎瞬数珠繋ぎしながら
出来ることに黙々と取り組む日常を、

私も
幸運と呼ぼうと思う。

Fragrance of TAO 地中海から綴る、タオ”永遠なるバランス”探し - にほんブログ村 
★読んだよ~★
🌈2つのクリックと1回の拍手が励みです🌈

今日も3つ良いことがありますように。。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する