fc2ブログ
🎀 あきらめない乳がん情報

乳がん後、二度目の人生

がんは人生を二度生きられる

これは、昨日、米国msnニュース、女性の健康の記事を読み、
思い出した、長尾和宏医師の著書タイトルである。


乳がん後、ホワイトウォーター・カヤックで、冒険家としての一面を再発見
オレゴンのど真ん中で急流カヤックをするとは想像もしていませんでしたが、
2019年、乳がん診断が、全てを変えました。
身体的、感情的な私の幸福をハイジャックした病気、
人々は私をサバイバーと呼んだけれど、毎日私は、辛い気分でした。

両側乳がん、腫瘍4つ、リンパ節転移、黒人女性はこの病気で亡くなる可能性が高いことも知っていた私。 過去2年間、自分は死ぬのではと思い続けていました。

非営利団体ファースト・ディセンツを通じて川下りを申し込む機会を得たとき、
私には、まだ手術の痛みが残っており、骨の痛みや極度の疲労を引き起こす薬を飲んでいたので、体力的にそれをこなせるかどうか分かりませんでした。
ですが、大がかりな遠出をしてでも、かつての冒険心を取り戻す必要があると感じました。
予想通り、カヤックは難しく、ブレインフォグがあったため、覚えるのが大変でした。
ある日、後ろ向きに漕いでいることに気づかず、感動と恐怖で涙が出ました。

それでもどうにか翌日、勇気を出してカヤックに戻りました。
大きな急流が近づくにつれ、私は生きてここから出よう、私には子供がいて、人生があり、目的がある、この川には飲み込まれない、そう感じ、実際そうなりませんでした。
私は(文字通りの)崖っぷちを乗り越え、そこで自分がどれほど純粋な喜びを味わっているかに気づき、再び自分らしさを見つけました。

あの川での経験が、自分自身を楽しむことが、どんなに重要であるか、思い知らされました。


もう一度与えられた人生。

今日も、また与えられた一日。

彼女ほど大きく人生は変わっていないけれど、
彼女はじめ、多くの人がそうであったように、
乳がんが、モノの見方、捉え方を変える、転機に。

起こったことは、変えられないけれど、
自分がどう反応するかは、自分次第、常に変えることが出来るわけである。



plant-g1efebcfaa_640.jpg

明日を探し、蔓を延ばす、白い朝顔

朝顔は、
英語でMorning Glory 

道端の夏に咲く、
朝の栄光。

🌟読んだよ~🌟
🌈クリックして頂けると嬉しいです。🌈
ブログランキング・にほんブログ村へ  
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する