fc2ブログ
🍏アルツハイマー

断食がアルツハイマー病の徴候を軽減する可能性 研究で示唆

🎄Welcome

脳の糖尿病とも言われることがある、アルツハイマー。

過去に、ミミックダイエットで紹介した、
ロンゴ博士による、新しい研究結果。

 ãƒ´ã‚¡ãƒ«ã‚¿ãƒ¼ãƒ»ãƒ­ãƒ³ã‚´è²¡å›£  2023å¹´12月19日

何を食べるかによって、アルツハイマー病予防や進行を遅らせるのに役立つことが示されているが、
いつ食べるかについては、何が言えるだろうか?
 
断続的断食(時間制限による断食)の実践により、認知機能障害リスクが低下する可能性があることが、最近の研究で示唆され、学術誌『Cell Metabolism』に掲載された。 

カリフォルニア大学サンディエゴ校医学部の研究者らは、あるグループのマウスの摂食スケジュールを変更し、毎日6時間以内に食事を摂るようにした。 (研究者によると、これは人間でいえば14時間の絶食に相当するとのこと。)
自由気ままに食事をした対照群に比べ、断続的断食マウスは記憶力の向上が見られ、
夕方の多動が少なく、睡眠の中断も少なかった。

また、アルツハイマー病の特徴である脳内アミロイドタンパク質の蓄積が少ないことも示されている。研究者らによると、食事制限の目的は概日リズムを回復させることであり、アルツハイマー病患者が直面する睡眠とスケジュールに関連した混乱という多くの障害に対抗するのに役立つ可能性がある。 
「我々の研究は、概日時計の調整における摂食時間がもたらす効果と、それが脳に与える影響を強調しています。」
研究筆頭著者であるカリフォルニア大学サンディエゴ校医学部神経科学科教授のポーラ・デスプラッツ博士は、Fox News Digitalに寄せた声明の中で述べた。
「病理学的な改善が見られることを期待していましたが、プラークや炎症の減少、記憶力の改善において、これほど深い効果があるとは予想していませんでした」と彼女は続けた。 

研究者らは、これらの結果がヒトでの臨床試験につながることを期待している。
目標は、来年、患者を対象としたパイロット試験を開始するための資金を得ることである。

「時間ごとの食事制限によるアミロイド蛋白の病理学的蓄積の抑制効果は、臨床的に検出可能なマーカーを用いて血液中で測定可能であり、これも重要な発見でした。
このような利用しやすい介入は、臨床に応用できる大きな可能性を持っています。

食事時間幅の短縮は、カロリー制限や食事の変更を必要とせず、代謝や睡眠の調整から認知機能の改善まで、重要な利点をもたらす可能性があり、これは高齢者にとって特に重要となるかもしれません。」
しかし、新しい食事療法を取り入れることは、医学的治療に取って代わるものではなく、
患者と医師による選択肢についての対話の重要性をデスプラッツ氏は、強調した。

 ï¼ˆç±³å›½ã®ï¼‰ã‚¢ãƒ«ãƒ„ハイマー協会によると、毎年、米国において、600万人のあらゆる年齢層がアルツハイマー病を患っており、67秒に1人がアルツハイマー病を発症している。

この研究の主な限界の1つは、この病気の一側面のみを示す動物モデルを用いていることであり、「アルツハイマー病患者に非常によく見られる、加齢に伴う併存疾患やその他の臨床疾患を示していないことです」とデスプラッツ氏は指摘した。
「さらに、この研究は厳密に管理された条件下で行われたものであり、
人々の様々な習慣や環境とは似ても似つかないものです。」と同氏は付け加えた。


研究者らは、健康の様々な側面を調節する概日時計の重要性を一般の人々が認識することを望んでいる。
「健康的な睡眠を維持し、自然環境により同調した食習慣を保つことは、常に食べる、光、夜勤にさらされている社会では不可欠です。」とデスプラッツ氏は述べた。
 
「ミミックダイエット(FMD、擬似断食)は、脳内の神経炎症やスーパーオキシド産生を減少させることによって、老化や疾病の多くの危険因子を劇的に減少させる可能性があります。」と研究者はFox News Digitalに語った。


昨年、ロサンゼルスのUSC Leonard Davis School of Gerontologyが行った研究でも、断続的断食を続けたマウスは、脳内の "プラークともつれ "のレベルが低く、脳の炎症が減少し、認知テストの成績が向上することが明らかになった。 

この研究の筆頭著者、USCのバイオジェロントロジスト、ヴァルター・ロンゴ博士は、
「FMDは、食後に分泌される老化促進因子を減少させ、脳の老化を遅らせることができます。マウスにおいて、FMDの効果は、学習と記憶、そしてアルツハイマー病態のペプチド/タンパク質(アミロイドとタウ)の両方に影響を及ぼすという意味で、非常に力強くで、幅広いものでした。」と、 Fox News Digitalに語った。 

これらの知見に基づき、ロンゴ博士は、標準的な薬物や治療法をサポートするために、FMDやその他の栄養学的アプローチを検討することについて、神経科医に相談することを勧めている。

「特にアルツハイマー病では、薬理学的介入の有効性が非常に限られているため、薬剤の効果を高める可能性がある、FMDやその他の食事介入を研究し続けることが非常に重要でしょう。」と博士は付け加えた。

 ã‚«ãƒªãƒ•ã‚©ãƒ«ãƒ‹ã‚¢å¤§å­¦ã‚µãƒ³ãƒ‡ã‚£ã‚¨ã‚´æ ¡ã®ç ”究の主執筆者であるデスプラッツ氏は、
ロンゴ博士の研究は、彼女自身の研究と同様な経過をたどっており、代謝、断食、脳の健康との関連を実証している、とFox News Digitalに語った。 

USCの研究には、カリフォルニアのニュートリテック企業L-Nutraの最高経営責任者兼社長のジョセフ・アントゥーン博士も参加している。 

「これらの研究において、FMDのマウスは、短期的にも長期的にも認知能力、運動学習、記憶力の向上が見られ、脳内の新しいニューロンの成長が促進されました。 
と、彼は電子メールでFox News Digitalに語った。 

「FMDは長期間続けられるため、体内のケトーシスレベルが高くなりますが、これは、脳にとって素晴らしいことなのです。」とアントゥーン氏は指摘する。
(ケトーシスとは、体内でブドウ糖の代わりに脂肪を燃やしてエネルギーを生産することで、認知機能に効果があることが示されている)。 
さらに、断食は血糖値のコントロールにも役立ち、アルツハイマーの進行を遅らせることができます。
長期間の絶食は、腸管透過性の改善にも役立ち、脳にも効果があります。」とアントゥーン氏は付け加えた。 

ここ数十年、アルツハイマー病の診断は着実に増加している。
アントゥーン氏はさらに続ける。
「長期間の絶食中、細胞はオートファジーと呼ばれるプロセスを経て、損傷した細胞成分の除去とリサイクルを行います。このプロセスは適切な細胞機能を維持するために不可欠であり、アルツハイマー病などの神経変性疾患から脳を守るのに役立ちます。」

Fragrance of TAO 地中海から綴る、タオ”永遠なるバランス”探し - にほんブログ村 
★読んだよ~★
🌈2つのクリックが励みです🌈
今日もふたつ良いいことがありますように💕
ブログランキング・にほんブログ村へ  
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する